<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ポジティブ笑顔で☆

いつも明るくしている人やニコニコしている人を見て「いつも明るくて悩みなんかないんでしょうねぇ」という人がいるけれど、そういう人って本当に悩んだり苦境に立った事は無いんだろうなぁと思う。
悩んでます、苦労してます、って回りにアピールしている人よりも、いつも明るく前向きにしている人の方が、実は色んな辛い経験をして来た人だったり、色んな悩みを抱えている人だったりする。
そして自分自身がそういう経験をした人は、笑顔の裏にこそ、表には出さない苦労や悩みがある~っていう事を知っているから、他人に向かって「悩みなんかなさそうねぇ~」なんて言葉は使わない。



時々、私はこんなに大変なのよ~、と周囲にアピールする人に会う事がある。
かといって、助けを求めている訳でも無く、ただ単にいかに自分が大変かを知って欲しいだけらしい。

悩みや苦労の感じ方も人それぞれ。
Aさんにとって食事も喉に通らないほどの悩みが、Bさんに取っては些細な悩みだったりするし、その人の悩みの度合いを他人がジャッジできない。

でもね、暗い顔して眉間に皺を寄せて、大変さをアピールしても、悩みが無くなる訳でもハッピーになれる訳でもないよね。
嫌な事を吹き飛ばしたかったら、気持ちを楽にしたかったら、笑顔でいる方がお得☆
例え家族の前では、”疲れたよぉ~、もう嫌だよぉ~”って弱音を吐いちゃっても、ちょっと深呼吸してポジティブ思考に切りかえて、そして外では笑顔でいたい、私はそう思う。

笑顔でいればポジティブなエネルギーを周囲の人にも振りまいてあげられるし、そうする事でいつか必ず自分にもポジティブなエネルギーがハッピーな事を運んで来てくれると思うから。
だから今日もできるだけ、笑顔で過ごしたい。




今日の癒し写真。
先日、夫がアクエリアムで写して来た1枚です。
思わず横で一緒に、ゴロンと寝転ろがりたくなってしまいます。

d0128469_1212860.jpg

[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-28 12:19

味噌マヨ味のパスタサラダ

我が家の息子はとにかくパスタが大好き。
今日の夕飯は何が良い?と聞くと、決まって「パスタ!」と答える。

茹でたり炒めた野菜は好きなのに、どうしても生野菜が苦手な息子。
そこで、今夜のサイドデッシュは野菜たっぷりのパスタサラダにしてみました。

d0128469_944053.jpg


マヨ味はありきたりなので、今回は味噌を使って和風。
細めのパスタを茹で、味噌、味醂、マヨネーズを絡めて味付け。
先にパスタに味付けしてから、小さく切ったレタス、トマト、キュウリ、コーン、ツナ(これもベジタリアン街道まっしぐらの息子にわからないように細かく解しました・・・汗)を混ぜて、マンゴーを添えて出来上がり。
本当はブロッコリーを入れたいところなのに、今日に限って買い置きが切れてるし(涙)


ちなみに、私と夫は日本のマヨネーズが苦手。(だから息子は日本のマヨネーズ未経験)
そんな我が家が使っているのは韓国のマヨネーズ
同じ輸入マヨネーズでありながら、値段も安いししかもとってもマイルド☆
国が違えばマヨネーズの味も違うものです。(^^)


さて、息子の反応は・・・・生野菜が入っているのを見つけた息子は食べっぷりがいつもとは違う。
猫ママ作戦、今日は失敗に終りましたぁ(涙)
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-27 21:39 | 料理(Vegetarian)

religion

私はこれといって決まった宗教を持っていません。
日本の実家には仏壇も神棚もあるし、学校はクリスチャン系だったし・・・・。

とはいえ、実家の両親は一応仏教徒。
祖父母の月命日には、ちゃんと毎月お坊さんに来てもらってお経をあげてるし、お寺とは昔ながらのお付き合い。
でも、新年には初詣で神社に出向くし、親が選んだ私の学校はクリスチャン系のミッションスクール。
だから私も学校で聖書について勉強したり、週末に教会のミサに通っていた事もある。
でもクリスチャンにはならなかったし、最近では写経をしたり、気持ちを落ち着けるために家族でお経を唱える事もあるという、なんとも定まらない宗教観・・・・。
まぁ、日本人にはけっこう多いタイプとも言えるでしょう。

だから、今まで人に「宗教は?」と聞かれたら「無宗教」と迷わず答えていました。
でも、神様の存在は信じてるんです。
ただ、それが仏陀なのかイエスキリストなのか、いくつか宗教哲学系の本を読み齧ってはみたものの、今の時点では自分の中で決められないし、別に決める必要もないよね、と思っているだけ。
日本だとそれで良かったし、特定の宗教に入っているよりも無宗教の方がイメージが良かったりする場合もあったんですが、こちらで「無宗教」なんていうと、けっこうマイナスイメージになってしまうんです。


息子が通う公立の小学校でさえ宗教の時間があり、各宗教のクラスに分かれて授業があるくらいで、宗教を持たない人間=生きる上で秩序を持たない人間みたいなイメージがあるらしいんですよね。
数少ないながら、中にはうちの息子のように特定の宗教を持たない家庭の子や、自分の信じる宗教のクラスが無い子達もいるので、そういう子達は一クラスに集まって自習時間となります。


そんな事もあり、宗教の話しを振られて答えるのが憂鬱だった私。
かといって、その場しのぎで「一応仏教とでもしておこう」とかいう事もできない。


この前、知り合いの年配女性と話していて、「そういえば猫ママの宗教は何なの?」と聞かれました。
あぁ~、また軽蔑に近いリアクションで返されるかな・・・と思いつつも「無宗教」と答えると、「神様の存在を信じないの?」と更に質問。
「神様の存在は信じるけど、特定の宗教には決められないし拘っていないんです。」と答えると、
「それでいいのよ。無宗教じゃないじゃない。もともと神様は1人しかいないの。ただ人間が勝手に仏陀だとかイエスキリストだかとか、アラーだとか名前を付けただけ。目に見えない存在が、いつも自分を見ていてくれると信じる事は、宗教を持っている事と同じよ」と言われました。

なんか、目から鱗・・・・。
そっかぁ、それでいいのね。^^


とってもこの言葉が身に染みたので、ブログに書いておきたくなりました。
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-23 12:07

作ってみました☆

だいぶ夏らしくなって来て、サンダルやミュールを履く事が多くなって来ました。
そこで気になりだしたのが足のケア。
いくら綺麗にペテギュアしたり、お洒落なサンダルを履いていても、かかとがガザガザだったり、足の指先が荒れているとみっともないですよね。

うちの母親は昔から、「お洒落は足元から。どれだけ足元に気を使っているかでその人の本質がわかるのよ」と言っていました。
いくら綺麗に着飾っていても、手入れされていない靴を履いていたり、ガサガサのかかとを見せて平気な人は本質がだらしない証拠、というのが母の持論。

その言葉が頭の隅にこびりついているので、日頃は足元をあんまり気にしないズボラな私も、サンダルの季節になるとフットケアに気を使い出す様になるという訳です。


そこでフットバームを作ってみました♪
いつものように、家にある材料だけで作る~がモットーの私。
ビタミンEが豊富なオリーブオイル(調理用)とアロマで使っているエッセンシャルオイル、そして蜜蝋とフローラルウォーターで作ってみる事に。
今回選んだエッセンシャルオイルは、もしかして水虫??と疑いたくなるような荒れた足のにも効くように、抗菌/抗真菌作用もあって皮膚に優しいFragoniaにしてみました。
このFragoniaは本当に肌に穏やかで、赤ちゃんはもちろん、アトピー肌にも使えるオイルです。

本当はフットバームという事で、できれば爽快感を出すためにミントなんかも入れてみたかったのですが、家に無かったので今回は我慢。


作り方もいたって簡単。というよりは、簡単に作れるものしか作らない私。^^;
まずは蜜蝋を湯煎で溶かし、完全に溶けたところで触って少し熱いと感じるくらいまで暖めたオリーブオイルとフローラルウォーターを少しづつ混ぜていきます。
そして湯煎から下ろして、ある程度熱が取れるまで混ぜ続け(これをしないとムラになって固まります)、最後にエッセンシャルオイルを数滴落として冷やしてできあがり♪
今回はオイルとウォーターを2対1の割合にしてみたのですが、3対1くらい、もしくはウォーター抜きでも大丈夫かも・・・という感じです。

できあがりはこんな感じ。黄色い色は蜜蝋のナチュラルな色です。

d0128469_945797.jpg


さっそく湯上りの足先にこのバームを塗ってマッサージしてみたところ、塗り終わりはちょっとベタつくのですが、しばらくするとスベスベに。^^
荒れが酷い夫は、塗った後に一晩ソックスをはいて寝させてみました。
そして今朝見てみると、これまたけっこう良い感じでガザガザ感が減っています。
これを数日続けたら、角質が厚くなっている夫の足もスベスベになりそうです。
男性も女性も、夏の足は綺麗でありたいですもんね。

ちなみにこのバーム、今回は一応フットバームとして作ってみましたが、足に限らず全身どこに塗ってもOK。
抗菌作用もあるので、髭剃り後なんかに使っても良さそうです。
これは夫に実験台になってもらう予定。(^^)
私は昨夜、乾燥気味の口元に塗ってみましたが、かなりしっとりしています。

石油系やケミカルが一切入らない手作りは、とにかく安心して使えるのが魅力です☆
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-22 09:49 | 手作り

アロマを楽しむ♪

お香だオイルだと、香りが大好きな我が家。
ここしばらく、ラベンダーの香りが欲しいねぇ、なんて夫婦で話していたら、ラッキー♪な事に偶然貰い物で3本のラベンダーオイルが我が家にやって来ました。
別々に貰ったものなのですが、シンプルなラベンダーオイルラベンダーフレンチ、そしてラベンダーをベースにしたラバンディン・グロッソというオイル。

そんな事もあり、日中は良くラベンダーのエッセンシャルオイルを焚いていますが、一口にラベンダーといっても、けっこう種類が多くて、香りも微妙に違うんです。
ラバンディン・グロッソは確かにラベンダーの香りなんだけど、ちょっとキツイ感じ。
今のところ一番気に入っているのはラベンダーフレンチの香りで、私が持つ「ラベンダー」のイメージに一番近い香りです。


それ以外ではゆっくりリラックスしたいなぁ・・・という時にシダーウッド(ヒノキの香りに似ているんですが、夫は新築の家の香りだと言います)、最近ぐっすり眠れないなぁ・・・という時にはスパイクナード(甘松)なんかをアロマポットで焚いています。
特にシダーウッドは虫除け効果もあるので、バルコニーでお茶する時なんかに焚いても良い感じ。
以前は甘いフラワー系を好んで使っていたのですが、最近はウッド系の香りもオリエンタルでいいなぁ~と思うようになりました。

エッセンシャルオイルの利点は、ただ単にアロマポットで香りを楽しむ以外にも、自然療法や化粧品にも使えるという事。
もちろんエコロジーとして、環境に優しい手作り洗剤や、洗濯の柔軟仕上げ剤の香り付けにも使えます。

つい最近も、肌が乾燥して荒れていたので、オリーブオイル(エクストラバージン)にフラゴニア(Fragonia:ユーカリオイル同様、オーストラリア産の新しいオイルで皮膚に優しく抗菌性や抗炎性がある)を数滴落として洗顔後に薄く伸ばしていましたが、なかなか良い感じ。
その時々の状況に合わせて手軽にアレンジできるのが嬉しいです。

ただ、エッセンシャルオイルは薬にも毒にもなるので、きちんと使い方を知らないと危険な場合も多い。
本当はちゃんとアロマセラピーコースを取るのが一番なのでしょうが、そんな時間もお金もない私の場合、暇を見つけてはちょこちょこ独学でお勉強中です。
もちろん実験台は自分自身。^^;

我が家のお気に入りはナチュラルプロダクトを卸値価格で扱う専門店、New Directionのオイルです。
このお店、アメリカ、カナダ、イギリス、ポルトガル、台湾、韓国に支店を持っているのですが、そのうち日本にも進出しそうな予感です。

d0128469_1010343.jpg





そして、いつか動物用の癒しアロマにも挑戦したいなぁ~と思っています。


d0128469_1011114.jpg
我が家の黒猫フィリップ。
一番性格が穏やかで、行動が犬の様に忠実です。
今日、久々に写真を撮りました。



d0128469_10122034.jpg
息子とも仲良しで、こんな風に寄り添って一緒に寝てます。
この寝姿、猫好きにはたまらなく幸せを感じるショットです。(#^^#)
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-20 10:30 | ヒーリング/不思議体験

花を愛でる

猫を飼っている為に、できない事があります。
私の場合は2つ。
家族全員で旅行に行けない事と、生花や観葉植物を室内に飾れない事です。
特に植物好きとしては、お花が飾れないのはとっても悲しい・・・。
やっぱり室内にお花があると華やかでいいですよね。

もしかして大丈夫かも・・・と甘い期待を胸に抱き、過去に何度か室内に観葉植物の鉢を置いたり、頂き物のお花を花瓶に飾ったりした事があるのですが、例外なく悲惨な姿にされて後悔するハメに。

そこで、我が家では散歩で摘んできた野の花やバルコニー栽培している花を、小さなグラスや小瓶に生けて楽しんでいます。
これだと、不思議と猫もアタックしないんです。なんでかな?

d0128469_14522484.jpg
今、我が家のバルコニーではミニチュアローズが満開。
なので、こんな感じのミニブーケ風に生けてみました。
クリスマスの小物の側に飾ってみたのですが、真っ赤な色がけっこうクリスマスの雰囲気にマッチしてるかも。^^





そして、だいぶ夏らしくなってきたオーストラリア。
夏といえばFrangipani(プルメリア)のシーズンです。
プルメリアってとっても良い香りがして、私の大好きな花の一つ。
プルメリアの木の下にはたくさん花が落ちているので、女の子はそれを拾って髪に飾って遊んだりもしています。
私も息子と散歩ついでに拾ってきた花を、水を入れたボールに浮かべて飾っておくのが夏の定番。

我が家のバルコニーにも、昨年挿し木をしたプルメリア2鉢が勢い良く葉を伸ばして成長中。
普通は2年目でやっと花が咲くらしいので、あまり期待をし過ぎず、でも、今年の夏はバルコニーでプルメリアを眺めてお茶できたら嬉しいな♪と、呟きながらお世話をしている私です。
プルメリアにしてみたら、私ってけっこう嫌なヤツかもしれません。^^;

d0128469_1453063.jpg

[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-19 15:10 | ガーデニング

”パイレーツ”に悩んだ週末

息子にせがまれて、今年は昨日ツリーを飾りました。

街でもクリスマス商戦が本格的に開始です。
こちらのクリスマスプレゼントは家族や親しい友人間はもちろん、その年にお世話になった人にも渡すので選ぶのも一苦労。
プレゼントを貰えない境遇の子供達や、クリスマス準備ができない貧しい家庭の為に、色んな慈善団体がお金や品物の寄付を募って届けるシステムだってある。
つまり、それだけクリスマスは重要な行事。

クリスチャンじゃない家庭も、プレゼントだけはお歳暮感覚で渡すので、今頃からクリスマス寸前まで「プレゼントは買い終わった?」が挨拶代わりになるくらいです。

このプレゼント買いだけでも大変なのに、息子のお友達のお誕生会が11月~12月に集中。
例えパーティに出席できなくても、プレゼントだけは渡さなきゃ・・・という間柄のお友達もいるので、いやぁ、もう本当に大変。
お財布の中身に羽が生えたように出て行かれ、スカスカになったお財布を抱えて項垂れ状態(涙)


しかも追い討ちをかける様に、今月末にお呼ばれしているクラスメイトのお誕生会のテーマが「パイレーツ&プリンセス」。
そう、出席する子供達は皆、パイレーツかプリンセスの格好で参加しなくちゃいけないんです。(><)
テーマが決まっているお誕生会は、これだから親が大変

幼稚園などでも「コスチュームディ」なんていうのがあって、スーパーマンだ白雪姫だと変装して登園する日があるくらいだし、小学校へ上がってもこういうお誕生会が多いせいか、こちらの子供達は最低でも1~2枚はコスチュームを持っているし、変装グッズも持ってます。
が、息子はパイレーツの衣装も小道具も持っていない。
さて、どうしよう・・・・。

この衣装が、またけっこう高くて、お店で買うと50ドル近くもするんです。
わずか数回しか着ない衣装に、こんな金額は払いたくな~い!!とはいえ、クラス全員が招待されているので、お友達から借りるのも不可能。
作るにしても材料費がそれなりにかかるし・・・・・、小物のセットも、とってもチープな作りのくせに、けっこうなお値段。
テーマ付きのお誕生会なんて迷惑よぉ~と叫びそうになった時、ディスカウントショップでパイレーツの眼帯とネックレス、剣がセットになったものを3ドルで発見!(パイレーツってネックレスやイヤリングをしてるイメージがある事に、初めて気付いた私です。^^;)
3ドルの出費なら、今回限りの使用でも惜しくないよね♪
これにバンダナを使えば、けっこうそれっぽくなるんじゃない!?という事で、早速試して見ました。


d0128469_2029652.jpg←こんな感じ。
けっこう、それっぽく見えませんか?
息子本人もかなり満足気で、ツリーの前でハイポーズ♪。
やれやれ~と、思ったら、その誕生日の後には「トランスフォーマー」がテーマの誕生日が控えていました。
ほんとにテーマ付きのお誕生会は親泣かせですぅ(涙)
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-18 20:40 | 家族

ベジタリアン食~から揚げ

夫の趣味が料理になって、かれこれ5年程になります。
それまではまともに料理をした事がなかった人が、当時オーストラリアで人気だったイギリス人のJamie Oliver(ジェイミーオリバー)というシェフに刺激され、本やネットで研究して、色んな料理を作ってくれるようになりました。
これが夫が師と仰ぐJamie Oliver(ジェイミーオリバー)↓。
日本の雑誌で「ハンサムなカリスマシェフ」として紹介された事があるらしいのですが、少なくともこちらで彼をハンサムと思う人は、とって~も少ないと思います(笑)。

d0128469_14405625.jpg


という訳で、夫本人が「ウィークエンドシェフ」を名乗る通り、週末の夕飯は大抵夫が作ってくれます。
これって、妻にとってはかなり嬉しい趣味。
まぁ、実験台にされてコメントに困る料理を食べさせられる事もあるけど、それくらいは大目にみなきゃね。


そんな夫が、最近作ってくれたヒット料理がこれ↓

d0128469_14355768.jpg


チキンのから揚げならぬ豆腐のから揚げ
普通に豆腐を水切りしただけだと、どうしても水っぽさが残って美味しくない。
でも、一度お豆腐を凍らせてから使うと、食感は殆どチキンと同じ。
しかも色んなスパイスを使って味付けしてるから、本当にチキンのから揚げ?っていう感じの仕上がりになるんです。
(このスパイスの配合は夫のシークレットなので、私も知りません^^;)
別にチキンが食べたいわけではなく、美味しいから揚げ恋しさに夫が挑戦した1品です。
付け合せはミネラルが豊富なシャキシャキのもやし。


ご飯にも合うし、ビールのおつまみとしても合う出来ばえなので、パーティーメニューとしても使えそう。
家族全員大満足の豆腐のから揚げでした♪
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-16 14:58 | 料理(Vegetarian)

私の癒しグッズ~パワーストーン

ナチュラルヒーリングに興味がある我が家では、家族3人がそれぞれお守り代わりに自分専用のパワーストーンを持っています。
夫はタイガーアイとクリスタル、私はアメジストとクリスタル、そして息子は可愛い卵型の小さなクリスタルです。

そして家のリビングには、人が集まる場に置くと良いと言われるクリスタルのクラスター(群生)を置いています。

パワーストーンに興味を持ち始めたのは、前にもちょっと書いた通り、店頭に置かれていたアメジストの原石からのボワァァンとする暖かいエネルギーを感じたからなのですが、それはある程度大きな石であって、私が買える様な小さな石からは、手をかざして直に感じる程のパワーは感じられないんですけどね。^^;
でも、自分が気に入った石っていうのは、なんかとっても愛着が湧いて大切になるんです。

さて、こういうパワーストーンを選ぶ時に大切なのはインスピレーション。縁がある石は必ず持ち主が現れるまでじっと待っているんだそう。
だから私は、必ず自分の目で見て手にとって選ぶのが一番と信じています。
パワーストーンには興味があるし、その石が持つ力も信じるけど、週刊誌の後ろの広告なんかにありがちな”この石を持ったら幸せになりました”みたいな宣伝文句でアピールされ、アクセサリーとして売られている石は、とっても胡散臭くて信じられない。
自分の石は自分の感性で選んで、自分が愛着を持って持つ事で念が入ると思うんですよね。


私も自分のパワーストーンに出会えるまで、けっこうあちこちお店を周り、その中で気に入ったストーンをいくつか手元に置いていますが、実は一番気に入っているのは、某お店の移転セールで貰った無料ギフトの石。^^;
オーガンジー素材の袋に入れられたストーンが箱に入っていて、その中から一つ選んで下さい~と言われた物なのですが、数ある石の中から最初に手に取ったのがこの石。
隣に居た夫からは「選ばなくていいの?もっと良い石があるかもよ」なんて言われて見直してみても、やっぱり最初に手に取ったその石に惹かれてしまう。
あれこれ考えすぎて選ぶよりも、こういう風に直感で選んだ方が◎。

無理やり母岩から削り取られた様な痕があってちょっと痛々しいけれど、中に虹が見えてとっても綺麗。
下に横たわっているのが貰った石↓。
d0128469_11233665.jpg


そして何気に思い立って、クラスターの凹み部分に置いてみると・・・・切り取られた部分とその凹みが程よくマッチするじゃありませんか!
さすがにピッタリとははまりませんが、寄りかかるような感じでフィットするんです。
な~んかイイ感じ☆
それがこの姿。
d0128469_11241289.jpg







さて、石が自分の手元に来たら、まずしなければいけないのは浄化。
色んな人の手に渡り、色んな人の念を吸い込んだ石を持つのは危険。
石の性質によって若干浄化方法は変わりますが、とりあえず我が家がやるのは流水で洗い流したりホワイトセージ(スマッジ)の煙をくぐらせて浄化させる方法や、天然塩を盛ってその上に置いておく方法。
そして浄化後は朝日や月光を浴びさせてエネルギーチャージ。
これで完璧♪

要は気の持ち様なんだと思いますが、ポケットに愛着のあるパワーストーンを入れて持ち歩いている日は、なんとなく悪い事を避けられている気がします。


そういえば、先日行った癒し系フェスティバルで、パワーストーンのお店が出てました。
もちろん、買わない(買えない)までも、チェックした私と夫。
何十万円もする巨大なクリスタルのクラスターがど~んと置かれていたので、どんなエネルギーが感じられるかと思い、手をかざすと、イタッ!!手の平がチクチクするみたいに痛くて、思わず手を引っ込めた私。
夫に試してもらうと、やはり「ピリピリした痛み」を感じたらしい。

が、数万円程度のアメジストのクラスターに手をかざすと、暖かくて気持ちイイ~♪
やっぱり我が家には高いモノは縁が無いのねぇ~、と妙に納得した私と夫でした。(笑)
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-15 11:18 | ヒーリング/不思議体験

悲しい母猿・・・

今日の放課後、いつものように息子と子供向けチャンネルを見てました。
水曜日は息子が大好きな番組「Bindi the Jungle girl」がある日。
そう、例の故スティーブアーウィンの8歳の娘さんと奥さんが司会進行をする動物保護ドキュメンタリー番組です。

今日はスリランカの猿使いの元で芸をさせられる母猿の様子・・・・。
観光客を前にして路上で猿に芸をさせるのですが、その猿には子猿がいます。
しっかりと子猿を守るように抱きしめていた母猿から、猿使いが無理やり子猿を引き離し、芸を完璧にやり終えるまで引き離します。

そして、手でわしづかみした小さな子猿を観客に見せて喜ばせます。
その姿には、猿を生き物として扱っているという様子は微塵も見受けられません。
子供を返して欲しいがために必死で芸を始める母猿。

母猿の表情や行動には、猿使いのオジサンに対する信頼は見えません。
ただ脅えて、子猿を守る為に必死に、危険なコブラに手を近づける芸や曲芸などをこなします。
そして、芸が終って戻された子猿をしっかり胸に抱きかかえて守る母猿と、しっかりとしがみ付く子猿の姿に思わず涙。

滑稽な動きをする母猿の芸に観客は笑いますが、スティーブアーウィンは硬い表情で見守り、芸をしながら側に来た猿に「大丈夫だよ」と慰めの言葉をかけるだけ。
猿使いから猿を開放する事はできないのです。

番組の最後に呼びかけられていた事、それは、こういう動物を使った芸があっても、決して見ないで下さい。そしてお金を払わないで下さい。そうする事で、こういう悲しい状況におかれる動物を減らす事ができるのですというものでした。


今、こうしている瞬間にも人間の勝手で、虐待を受けている動物がたくさんいます。
少なくても私は、例え間接的にでもそういう虐待に加担したくはありません。
動物を苦痛から解放する為、自分には何ができるのか?
1人でも多くの人がこの事を考えるきっかけを得られる様に、そして1匹でも多くの動物達が救われる様に祈らずにはいられません。
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-14 16:10 | 動物


動物と自然が大好きな南半球に住む主婦です。保護犬、保護鳥、猫達に囲まれて動物に優しい生活を模索中。超のんびり&気まぐれ更新です。


by 猫ママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新の記事

人間とペット共用”手作りスプ..
at 2015-06-18 14:36
おばけタイヤ
at 2015-06-16 17:02
ご近所犬「ロビー」
at 2015-06-15 13:48
マイロ チームマスコットに抜..
at 2015-06-09 09:28
今日はワイルド~
at 2015-06-05 11:13

カテゴリ

全体
動物
エコロジー
ヒーリング/不思議体験
料理(Vegetarian)
手作り
ガーデニング
Australia
健康生活
なぜかインド
家族
映画
未分類

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

記事ランキング

その他のジャンル

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧