カテゴリ:料理(Vegetarian)( 17 )

ベジタリアンお菓子  Fudge Balls

ベジタリアンとして育っている息子の栄養源として大切なナッツ類。
お魚を食べなくてもオメガ3が取れるし、乳製品を取らなくてもカルシウムもバッチリ♪
そこで今日のオヤツはナッツとドライフルーツたっぷり、そして砂糖も油脂も一切使わないFudge Ballsを作りました。
このFudge(ファッジ=やわらかいキャラメルみたいな食感)系 の丸いお菓子ってこちらのベジタリアンお菓子としてはかなり定番ですが、日本ではどうなんでしょう?
一応参考までにレシピを載せておきますね。
私が作るんですから、いつものごとく作り方も超簡単!(笑)です。


★材料(4~5個分)★

・生ナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、クルミなど)・・・カップ1/2
・ドライフルーツ・・・5~6個
・オレンジ果汁・・・小匙1
・無糖ココアパウダー・・・大匙1~2、
・シナモンパウダー・・・小さじ1~2


★作り方★

1:ココアパウダーとシナモンパウダーを混ぜておく。
2:ドライフルーツを包丁できざみ、ナッツ類と一緒にフードプロセッサーで細かくする。
3:オレンジ果汁を加え、更に混ぜる。
4:手で食べやすい大きさに丸める。
5:混ぜておいたココア&シナモンパウダーに転がしてまぶす。
6:タッパー等密閉できる容器に入れて冷蔵庫で冷やす。(冷蔵庫で1週間保存可能)、

甘さ加減はデーツなどドライフルーツの量で調節できます。
腹持ちもいいし、栄養が凝縮された健康的なスゥイーツです♪
コーヒーやハーブティーにも合いますが、意外と緑茶にも合うんですよ~。^^
d0128469_2022548.jpg






               命あるもの全てが平安に暮らせる世の中になります様に
[PR]
by neko_mama07 | 2012-02-29 20:28 | 料理(Vegetarian)

お家レストラン~Palak Paneer

最近の日本もそうですが、ここオーストラリアでも知れば知るほど”安心して食べられるもの”が少な~い!!と感じている猫ママ家です。


レストランにしても、どんな食材で、どんな衛生管理の厨房で作られているかわからない・・・。実際に不衛生な環境で調理をして摘発されるレストランも出てるので、店内が綺麗でも厨房が見えない限り安心はできないんですよね。(汗)
となると、やっぱり「お家レストラン」が一番安く、安心して食べられる、っていう事かな・・・なんて事を考えていた矢先、無性に食べたくなったのがインドカレーのPalak Paneer(パラックパ二ール:ホウレン草とチーズのカレー)。
インドの代表的なベジタリアンカレーです。


日本に居た頃は例えインド料理店へ行ったとしても、一度もオーダーする気にならなかったこのカレー。
だって、見た目があんまりヨロシクナイんですよね。(汗)
が、こちらへ来てその美味しさを知り、今では一番好きなカレーになりました。
人間もカレーも見た目じゃなくて中身、味で勝負!という事で。(^_-)


とはいえ、節約せねば!というこの厳しいご時世に「レストランに行きたい♪」なんて事は言い出せないし・・・何よりインド系レストランは中国系と並んでけっこう不衛生で摘発されてるし・・・・う~ん、これもやっぱり「お家レストラン」で食べるしかないよね、という事で、重い腰をあげました。


基本的に面倒臭がりの私ですが、無性に食べたい!と欲するものを作る時は気合が入ります。(笑)
まずは朝一でカッテージチーズ作りからスタート。で、その時出た絞りかす(乳清)も捨てては勿体ない!のでパンを焼き、そして夕方からはカレー作り☆


さて、私が作るPalak Paneerはこんな感じです。
かなり本格的なレシピの”つもり”←(自己満足の世界)ですが、意外と簡単♪
レストランに行かずともけっこうそれなりのPalak Paneerが食べられますよ~。



d0128469_17425492.jpg

【材料】
・ホウレン草 1、5束
・トマト 大1個
・玉葱 大1個
・カッテージチーズ(水切りした豆腐で代用も可) 150グラム
・生姜 すりおろし 小さじ1/2
・ニンニク すりおろし 小さじ1/2

・赤チリパウダー 小さじ1/2
・コリアンダーパウダー 小さじ1/2
・クミンパウダー  小さじ1/2
・ガラムマサラパウダー 小さじ1/2
・べイリーフ(月桂樹) 1枚
・黒胡椒 少々
・天然塩 少々
・水 適量
・ギー(インドの油)大匙2 ※バターやオリーブオイルで代用可


●作り方●
1:チーズに重石をして固めておき、2~3センチのさいのめ切りにしておく。
2:ホウレン草は下茹でし、水を加えてミキサーなどでペースト状にしておく。
3:玉葱、トマトと共にみじん切りにしておく。
4:多目の油を熱し、チーズを揚げる感じで炒め、油を切っておく。
5:バターとチーズを揚げた残りの油を熱して生姜、ニンニク、ベイリーフを炒める。
6:玉葱を加えて良く炒める。
7:コリアンダーパウダー、クミンパウダー、チリパウダー、トマトを加えて良く炒める。
8:ぺーストにしたほうれん草を加え、塩/黒胡椒で味を調える。
9:ソース状になるように、水加減を見ながら煮込む。 
10:ソース状になったら炒めたチーズを加える。
11:火からおろし、器に入れてガラムマサラを軽くふりかける。




いつもはターメリックライスで頂くんですが、今回はチャパティで頂きました。
チャパティは薄~いインドのパン。ナンよりも良く食べられているパンだと思います。ナンと違って家庭でもけっこう簡単です。
私はご飯と一緒に食べるより、このパンでカレーをすくって食べる方が断然好きです。


d0128469_17433850.jpg


ついでに、チャパティの作り方も。

【材料】
・全粒粉 150グラム
・小麦粉 130グラム
・塩 5~6グラム
・オイル 大匙1
・ぬるま湯 200~250CC(必要に応じて加減)


●作り方●
1:ボールに粉と塩、ぬるま湯の半量を加えて捏ねます。
2:粘土くらいの固さになるまで、少しづつぬるま湯を加えてコネコネ。
3:ある程度まとまったら、オイルを加えてさらにコネコネ。
4:30分くらい寝かせます。
5:ゴルフボール大に分け(8個程度できます)、さらに10分ほど休ませます。
6:打ち粉をして、綿棒を使い、かなり薄い円形に伸ばしていきます。
7:油を塗らない、もしくはうす~~~く塗ったフライパンで焼き、下面に茶色の焦げ目がついてきたらひっくり返してさらに30秒ほど。
  (膨らんできた場合はフライ返しで押さえながら焼きます。)
8:お皿に重ねてできあがり♪


これでちょっとテーブルセッティングに気を使って、軽くインドのお香なんぞを焚き、癒し系の音楽でも流しておけばかなりインド~な雰囲気でカレーが楽しめます。
もちろん〆はチャイ・ティー。
これも猫ママ家の節約術でございます。(^-^)v
栄養バランスも◎、食物繊維もたっぷり取れて女性にお勧めのカレーですよ~♪
[PR]
by neko_mama07 | 2008-11-25 18:10 | 料理(Vegetarian)

身体に優しいティータイム♪

最近、なぜかとってもインドのスパイスに嵌ってます。
大のコーヒー党の私なのに、最近はコーヒーは朝のみで、後はやたらマサラ・チャイ(インドのスパイス入りミルクティー)。

チャイは身体に優しい気がして、インド人並に朝昼晩と飲んでます。
冷え性の私は生姜をたっぷり入れるので、身体がポカポカ温まってイイ~感じ。
食後にこのチャイを飲むようになってから胃腸の調子が良くなりました♪
不思議と暑い日でも飲めてしまうあたり、さすが40度を超えるインドの飲み物、っていう気がします。
もちろん寒い冬に飲むのも身体が温まってお勧めですよ~。


d0128469_20393712.jpg



参考までにこれが猫ママのマサラ・チャイの煎れ方です。

●マサラ・チャイ(2杯分)●

・豆乳又は牛乳1カップ
・水1カップ
・紅茶葉 小さじ大盛り2杯
・シナモンパウダー又はシナモンステック 小さじ1/2
・カルダモンパウダー 小さじ1/3
・クローブパウダー 小さじ1/5又は入れなくてもOK
・生姜すりおろし 小さじ1~2
・蜂蜜又は砂糖 お好みで

【作り方】
お鍋に水と牛乳を入れ、スパイス各種、生姜、茶葉を全て入れ、1~2分沸騰させたら、お好みで甘味を加えて火を止めて5分くらい放置。
茶漉しで漉してカップに注いでできあがり。
※沸騰し過ぎや掻き混ぜは茶葉から苦味がでるので注意。



全てのスパイスが手に入らなくても、シナモンと生姜だけでもけっこう美味しいですよ。
私はかなりたくさん生姜を入れます。それに蜂蜜もたっぷり。
反対にクローブは苦手なので、ほんのちょっとかまたは入れないのが好み。
こんな風に各自の好みでスパイスを調節して、自分好みのチャイを作ってみるのも楽しいです。

ちなみに、このチャイも南インドと北インドでは違うそうで、北インド出身の友人によると、北では水を加えずミルクのみで作るのが主流だそうです。これまたコクがあって美味しいんです。^^
[PR]
by neko_mama07 | 2008-10-08 20:55 | 料理(Vegetarian)

子供も大好き♪トマト味の野菜リゾット

さて、いよいよオリンピックが始まりましたね。
”8”は縁起が良いという事で、こちらでも昨日は結婚する中国系カップルの数がやたら多かったみたいです。
中国で開会式がスタートした夜8時はこちらの時間で夜10時。いつもなら既に寝ている息子も、学校でオリンピックに関して学んだ事もあり、眠い目をこすって少しだけ一緒に見ていました。

そんな昨夜、こちらはかなり冷え込んでました。
こういう時は身体が温まるものが食べたいねぇ~という事で、余り物野菜とタイ米でトマト味のリゾットを作りました。
冷蔵庫の余り物が使える上にタイ米が美味しく食べられる、そしてフライパン1個で料理できるから後片付けも簡単!グウタラ主婦の猫ママお気に入りメニューです。(笑)
d0128469_11395365.jpg

出来立てをフーフー言いながら頂きます♪
食べ過ぎてもお腹に優しいし、トマト味が子供受けする1品です。



猫ママ流トマト味のリゾット
●材料●
・タイ米 2カップ
・玉葱 大1個
・人参 小1本
・さやえんどう 10本程度
・ニンニク 1~2片
・トマトの水煮缶 1個
・野菜スープ 1000~1200cc 
・塩/こしょう 少々
・オリーブオイル 大匙2~3
・パルメザンチーズ 少々

(注:使った野菜は全てたまたま猫ママ家の冷蔵庫にあったものばかりです。キャベツやマッシュルーム等、何を入れてもOKですが、甘味が出る玉葱は必須!と私は思ってます)


●作り方●
1:米を洗ってザルにあげておきます。
2:ニンニク、野菜類をみじん切りにしておきます。
3:スープの素を使ってスープ1000~1200ccを作っておきます。
4:フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを香りがたつまで炒めます。
5:玉葱を良~く炒め、さらに他の野菜を加えて炒めます。
6:洗っておいた米を入れて、全体に油がまわるまで炒めます。
7:トマト缶とスープ8割程度を加えて、沸騰するまで強火、沸騰したら弱火でコトコト20~30分煮込みます。
8:時々焦げ付かないように様子を見、必要であれば残りのスープを足して調節しながら煮込みます。
10:食べてみて米に芯が無ければ出来上がり。
11:塩/胡椒で味を調え、摩り下ろしたバルメザンチーズを軽く混ぜ、さらに器に盛った後に振り掛けて出来上がり。







冷え込む日は猫も暖かい場所を求めて移動。
私が置きっぱなしにしてあったエコバックの上に陣取る我が家のお爺ちゃん猫です。
もちろん、猫が起き上がった後、このエコバックに黒毛が張り付いていたのは言うまでもありません・・・。
こんなところに置いた私が悪いのよねぇ。(涙)
d0128469_11415645.jpg

[PR]
by neko_mama07 | 2008-08-09 12:01 | 料理(Vegetarian)

今夜はお豆腐ハンバーグ☆

お米不足による価格高騰の影響で、ついに我が家ではオーストラリア米に代わってタイ米が食卓に上がるようになりました。

カレーとかパエリヤなんかを作る時なら大歓迎のタイ米も、和食の主食にするにはやっぱり辛い・・・。
そこで四苦八苦研究した結果、通常の倍の水に1時間以上さらして、粉末寒天とお酒少々を加えて炊く事で、なんとか我慢できる炊き上がりに。それでもやっぱりちょっとでも時間が経つとパサパサになって「私はタイ米よ~」とアピールしてくれます。(*´д`*)

そんなイマイチのお米(ごめんよ、タイ米・・・^^;)でも、なんとか夕飯が楽しみになる様に、おかずは夫も息子も大好きなハンバーグにしました☆
d0128469_10385047.jpg

猫ママ風お豆腐ハンバーグのレシピはこんな感じです。もちろん簡単&節約レシピです。

材料
・木綿豆腐 1丁
・玉葱 小1個
・人参 小1/2本
・パン粉 カップ2程度
・卵 1個
・ベジタブルスープの素 小さじ1強

・粉末ナツメグ
・塩、胡椒少々
・オプションで紫蘇の葉


作り方
1:玉葱、人参をみじん切りにして油で良く炒めます。
2:豆腐は茹でて水切りしておきます。
3:炒めた野菜と豆腐、卵、調味料をミキサーかブレンダーで良く混ぜ合わせます。
4:パン粉を3の材料にちょうど良い固さになるまで加えて混ぜます。
5:フライパンにで普通に焼いてできあがり。

以上です。
スープの素で下味もついているので、ソースが無くても食べられます。
今回は昨夏に収穫して冷凍してあった紫蘇の葉を加えましたが、キノコ類を入れて大根おろしとお醤油で食べても美味しいです。
小麦粉やヒヨコ豆、片栗粉など色々と試してみましたが、猫ママはパン粉(牛乳に浸さずそのまま)を入れるのが一番好き♪この方が水分調節もできる上、一番ふっくら仕上がります。



はぁ~、それにしても普通のご飯が普通に食卓に出る事のありがたみを実感しております。
何でも「あるのが当たり前」と思っていちゃいけないんですね。
タイ米だって、食べられるだけ”ありがたい”と思わなくっちゃ・・・と思いつつ、でも、やっぱり普通のご飯が食べた~いと切望する猫ママです。

ご飯大好き☆な家族の為にも、タイ米に合うレシピ研究しないとなぁ・・・。
[PR]
by neko_mama07 | 2008-07-19 10:55 | 料理(Vegetarian)

親子で簡単キャロットケーキ☆

この数日はとっても寒くて、冷え性の私には辛い日々となっております。(涙)
オーストラリアの冬ってこんなに寒かったっけ??というくらい気温が上がりません。

さて、こちらでは先週から2週間のスクールホリディに入っています。冬休み?というところでしょうか。
日本と違い、ホリディはあくまでホリディという事で宿題や課題等も一切ありません。
なので毎日何をして過すか考えるのが親の課題。(汗)


余談になりますが、小学校高学年になるまで、こちらでは決して子供を1人で外に出しません。歩いて5分程度のところであっても必ず親が送り迎えをします。
子供だけを家で留守番させる事もあり得ないし、子供が一人で歩いてお友達の家に遊びに行くとか、子供だけで公園に行くというのもありません。
親は自分の子供がどこで誰と何をやっているのか完全に把握しています。

つまりスクールホリディとなると、親がず~~~~っと子供に付いていなくてはいけないんですねぇ。
なので、わ~いホリディだ♪と喜んでいる子供達とは裏腹に、あぁ・・・スクールホリディだわ・・・とちょっと憂鬱な表情のお母さん達も多いです。^^;


この寒さで公園に行くのはちょっと(私が)辛いし 、何をしようかなぁ・・・と考えていたところ、息子が「お菓子を作りたい」と言い出しました。
寒い=オーブンを使うのは良いアイディア♪という事で、ず~っと前に古本屋で見つけた子供用の料理本を参考にキャロット・ケーキを焼く事に決定。
d0128469_22134983.jpg

さっとレシピに目を通すと、さすがオーストラリアのケーキレシピ!と言う感じで、油分と糖分がたっぷり。砂糖の量に関しては通常の日本のレシピの約2倍です。どう考えても甘すぎ!!
なので、レシピに忠実な息子に気付かれないように、さり気に分量を変えて準備。
こんな感じで焼きあがりました。
d0128469_21504516.jpg



↓参考までにこの本に載っていたレシピです。
子供用という事で作り方は大雑把・・・いえ、簡単です。
人参がかなり沢山入るのと動物性油脂を使わないのも嬉しいところです。

材料
・砂糖1.5カップ
・オリーブオイル1カップ
・卵4個
・人参(粗めにすりおろし)カップ3
・全粒粉2カップ
・シナモンパウダー小さじ1

レモンアイシングクリーム用
・粉砂糖カップ1
・レモン汁大匙1強
・バター大匙1
・熱湯少々
※注:こちらの計量カップは250mlです。確か日本は200mlだった記憶が・・・。



作り方
1:オーブンを180度に温めておきます。
2:砂糖とオイルをボウルに入れてハンドミキサーで良く混ぜ合わせます。
3:卵を加えてさらに良く混ぜ合わせます。
4:振るった粉とすりおろした人参を合わせ、その中に3を加えて木ベラ等で良く混ぜ合わせます。
5:型に流しいれてオーブンで1時間焼きあげます。
6:粉砂糖、レモン汁、バター、熱湯を混ぜ合わせアイシングクリームを作ります。
7:荒熱が取れたケーキの上全体に塗ってできあがり。


大雑把なレシピに不安を感じながらも、出来上がりはまぁまぁ○。
初挑戦した息子も満足気。
私は砂糖の量を半分にしましたが、人参の甘さやアイシングクリームの甘さもあるのでちょうど良かったです。







寒い時は寄り添って寝るのが一番☆
子猫時代からず~っと一緒のおじぃちゃん猫2匹組です。
d0128469_21552711.jpg

[PR]
by neko_mama07 | 2008-07-15 22:11 | 料理(Vegetarian)

久々の更新~バナナケーキ☆

やっとPCの前に座る余裕ができました~。
最近何かと予定が詰まり、バタバタと忙しい日々で猫ママファミリーはちょっと疲れております。^^;
1日ほんの10~15分、メールチェックする時しかPCをオンにしなかったのですが、たまぁにネットから離れてみるのもいいかも・・・とちょっと思ってしまったこの数週間でした。


先日から日本でサミットが開催されていますね。地球温暖化問題や世界的な食料不足問題がどう検討されるのか気になります。
私は北海道出身なので、地元の友人からメールで状況などをちらほら聞きますが、サミット開催地の洞爺湖周辺はもちろんの事、どこも厳戒態勢でちょっと異常な雰囲気だそうです。
しかも留寿都にあるメディアセンターでは、北海道では有名な高級寿司店の「すし善」が入っていて関係者は食べ放題だとか・・・。
なんかちょっと「おもてなし」の度を越えている部分もあるんじゃないかな、なんて思ってしまう猫ママです。


実は、オーストラリアでもこの数ヶ月で食料品の値段がビックリするくらい高騰しています。特にお米の価格が短期間で2倍になり、しかもスーパーを2~3軒はしごしても手に入りずらい状態・・・。
昨年の干ばつの影響で既に小麦粉の値段も上がっているのに、我が家にとって主食のお米まで高騰してしまい、猫ママ家の経済状況もかなり危機状態です。(><)
地球規模でのこの食糧不足、この先どうなるんでしょうね。
これも人間が犯して来た環境破壊という重罪のツケ・・・・。
なんだか本当に世紀末を感じる今日この頃です。






さて、育ち盛りのせいか、最近やたら食欲旺盛の息子と夫。(←後者はとっくに成長期は過ぎてますが・・・)
以前は良く余ったフルーツを使ってお菓子を作っていたのですが、最近は余るどころか足りないくらい。

先日安売りで大量買いしたバナナが珍しく余ったので、久々にバナナケーキを焼きました。
バナナケーキの作り方も家庭によって様々ですが、猫ママのバナナケーキはこんな感じです。
d0128469_14105868.jpg

オーストラリアには薄力粉に相当する粉が無いので、日本のレシピだと上手くできない!という声も耳にするのですが(日本とオーストラリアでは粉事情がまったく違います)、”あるもので簡単に作る”がモットー(面倒臭がりとも言います・・・・笑)の猫ママは一般的なこちらのSelf-raising flourで作っています。鈍感なのかもしれませんがまったく問題はありません。

材料
・熟したバナナ2~3本
・Self-raising flour又は薄力粉140グラム
・ベーキングパウダー小さじ1
・卵大2個
・マーガリン80グラム
・砂糖60~80グラム(バナナの糖度によって調節しています)
・レモン汁少々
※バナナが少なめの時はサワークリームをカップ1/2程度入れるとしっとりします(←オージーから教わりました)
・チョコチップやアイシングクリーム(お好みで)

作り方
1:バナナをフォークの背で潰してレモン汁をかけておきます。
2:粉類を合わせてふるっておきます。
3:マーガリンを湯煎で溶かしておきます。
4:卵をボールに割り入れ、砂糖を加えてハンドミキサーで白くもったりするまで混ぜ合わせます。
5:湯煎で溶かしたマーガリン、粉を加えてゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。(サワークリームを入れる場合はここで投入)
6:潰したバナナを加えて混ぜ合わせます。
7:型に入れて170度のオーブン(上段)で30~40分焼きあげます。櫛をさして何も付かなければ出来上がり♪
8:型から外して粗熱を取り、パンケースなど蓋つきのケースに入れてケーキから出た水蒸気を吸わせます。(パサパサ感が減る)

今回は息子の希望でチョコチップを上に散らしてみました。





何だかんだ言いながらも、3食+おやつまで食せる私達。
でも世の中には1日1食さえも満足に口にできずに飢えで命を落としている人達が居る・・・・そういう人達が居る事を、そして私達に何ができるのかという事を息子と話してみた今日ですが、息子がポツンと言った言葉「人間が地球を苛めたから、地球が病気になって食べ物が無くなるんでしょ?人間って悪いね」という言葉が妙に心にしみた猫ママでした。
ちなみに、息子は地球温暖化は地球が病気になってお熱が出たというイメージで子供なりになんとなく理解しているみたいです。
[PR]
by neko_mama07 | 2008-07-08 14:27 | 料理(Vegetarian)

赤福もどき?

最近、猫ママの中で日本ブームです。
ホームシックとかそういうのではないんですが、やたら昔ながらの”日本の良さ”に惹かれてます。
日本特有の静寂美とか侘び寂びとかって素晴らしい☆

先日、友人が日本帰国の際に訪ねた京都竜安寺の石庭の写真を送ってくれたのですが、これがすごい!
写真を見てるだけで癒されるぅ~♪なんです。
いつか日本へ里帰りの際は、絶対京都・奈良巡りをしようね!と誓い合った猫ママ夫婦。
その為にもますます節約生活頑張らないと!という現実が辛いところですが・・・。^^;




そこで、やっぱり日本人なら「和菓子」よねぇ~と、久々にお団子なんぞを作ってみました。
目指すは大好きだった日本の「赤福」のお団子。
まずは小豆をぐつぐつ煮込んで、甘さ控えめのこしあん作りからスタート!
和菓子作りには興味があるものの(っていうか自分で作らないと手に入らないし^^;)、この餡作りが面倒でついご無沙汰~になっちゃうんですが、日本の上新粉と小豆が手に入ったので重い腰をあげました。

↓思いっきり素人的見栄えでお恥ずかしいんですが、お味はまぁまぁ。
d0128469_1022066.jpg

思わずとっておきの日本のお香を焚いて、日本茶と一緒に頂きました。
あぁ~幸せ☆


ちなみに、こちらでも中国系のお店に行けば真空パックの「餡」が売られてます。
しかも激安!
たぶん中国で生産して日本に輸出した分の余り物なのかもしれませんが、やっぱり買う気になれない私・・・。
高くても面倒でも、ますます日本産&手作りにこだわってしまう今日この頃です。


[PR]
by neko_mama07 | 2008-05-21 10:26 | 料理(Vegetarian)

我が家のクリスマス

オーストラリアでは昨夜のイブよりも今日25日の方がメイン。
もちろん、朝一番で子供達がツリーの下に置かれたプレゼントを開けて大喜びする事からスタートする日です。

昨夜、テレビでクリスマスコンサートを楽しみ、いつもより就寝が遅くなった我が家の息子。
それでもしっかり寝る前にサンタさん用にミルクとビスケット、そしてトナカイさん用に人参をセットする事は忘れませんでした。
どうせ夜更かしした分、朝寝坊だろう~なんて想像し、キャンドルライトの中で(ロマンティックな演出ではありません。節電です!笑)のんびり深夜まで映画を楽しんでいた私と夫。
ところが、息子が起きたのは朝6時!早いよ~(涙)
さすがプレゼントを楽しみにしているだけあって、張りきり様が違います。

もちろん、昨夜寝る前にしっかり私がミルクを飲み干し、人参をがぶりとかじり、夫がクッキーを食べてサンタさんが来た形跡を演出。
ツリーの下にサンタさんからのプレゼントを仕込んでおいたので安心なんですが・・・・。

息子にとってクリスマスは”イエス・キリストという神様が生まれた日を人々がお祝いする日”、そして”良い子にサンタクロースがプレゼントを持って来てくれる日”として認識されているみたいです。
ただ訳もわからずにクリスマスを迎えるよりは、これだけでも認識できていた方が良いよね。^^



それにしてもこの2日間、なんだか食べっぱなしで身体が重い猫ママ家です。
来年の抱負は”ダイエット”になりそう。(涙)

昨夜のイブと今日のランチは我が家もクリスマスメニュー。
もちろん、どちらもベジタリアンメニューです。

イブは夫が野菜とパンで作ったお団子入りジャガイモのスープと白菜と乾燥麺のサラダ、フライド豆腐、そして私はヒヨコ豆と野菜のローストと日本風のブッシュド・ノエルケーキを担当。

オーストラリアのドライフルーツやナッツがたっぷり入った重いクリスマスケーキが苦手な夫の為に、我が家では毎年日本風を手作りしています。
今年はちょっと手抜きして簡単にできるブッシュド・ノエル風にしちゃいました。手抜きした分、中は苺をたっぷり入れてサービス♪
半日以上冷蔵庫で冷やす事でスポンジがしっとり落ち着いて美味しくなるので、午前中にせっせと準備☆
飾りは大昔に日本の100均で買ってきた飾りを使いまわしてます。(汗)
d0128469_1664535.jpg


で、オードブルにもサンドイッチにも合うヒヨコ豆と野菜のローストがこれ。
夫と息子にも好評で、夫はパンにこのローストと野菜をたっぷり挟んでかぶりついてました。
冷蔵庫の余り物野菜を放り込んでもOKだし、オーブンで焼くのでべジタリアンハンバーグよりもさらにヘルシーです。
d0128469_167329.jpg


作り方はもちろん、私が作るんですから簡単(笑)
というか、べジタリアンハンバーグと殆ど一緒です。
本当はお豆腐やマッシュルームを入れたかったのですが、とりあえず今回もまた家にあるものを使ってやりくり・・・
今回私が使った材料は

ヒヨコ豆の水煮缶1個
ヒヨコ豆パウダー大匙1~2(固さ調節用)
玉葱大1個
人参大1本
ミックスハーブ少々
塩・胡椒少々
卵1個
パン粉適量
豆乳適量
オリーブオイル少々


玉葱と人参を甘味がでるまでじっくりオリーブオイルで炒めて(しいていてばここがポイント)、水切りしたヒヨコ豆他全てと合わせてブレンダーでガガ~っと混ぜて、最後に豆乳に浸したパン粉をすこしづつ混ぜて練り、中型のパウンドケーキ型に押し付ける感じで流しいれ、160~170度のオーブンで45~1時間。
熱が冷めたら冷蔵庫で冷やして出来上がりです♪。
人参がたっぷりなので、ほんのりオレンジ色に仕上がります。
もちろんスーパーでベジタリアンミート(高いんです、これが・・・涙)を買って作るよりも安く作れちゃいます。


自分の身体にも優しくて、そして動物の犠牲を減らし、環境保護にも繋がるベジタリアン。
もっと多くの人にその事を気付いてもらいたい、ベジタリアン仲間を増やしたいなぁと思います。
もちろん、ベジタリアンとして発展途上中の我が家も進化しなくっちゃね。

ベジタリアンライフをスタートした当初は、お肉が恋しくなるんじゃないか・・・という気持ちがありました。
でも、半年目くらいからお肉を見ても食べたいと思うどころか、視覚的に拒否反応。
「お肉が食べたい」という欲求は皆無になりました。





このクリスマス、どれだけの動物達が犠牲になって食卓に並んだ事でしょう・・・・。
お店の店頭で山積みにされて売られているチキンやターキー、それにロースハム等など。
人々が浮かれて楽しむクリスマスだけど、食卓に並べられる為に殺される動物達、そしてプレゼントにされる為にこの時期に合わせて繁殖犬によって産み出される子犬達・・・。
クリスマスという一大イベントの裏側にある悲しい一面をもっと多くの人に気付いてもらいたいと心から願います。
せめて、このクリスマスにプレゼントとされた動物達が飼い主に愛されて幸せにその一生を終えられますように・・・・。
[PR]
by neko_mama07 | 2007-12-25 16:37 | 料理(Vegetarian)

味噌マヨ味のパスタサラダ

我が家の息子はとにかくパスタが大好き。
今日の夕飯は何が良い?と聞くと、決まって「パスタ!」と答える。

茹でたり炒めた野菜は好きなのに、どうしても生野菜が苦手な息子。
そこで、今夜のサイドデッシュは野菜たっぷりのパスタサラダにしてみました。

d0128469_944053.jpg


マヨ味はありきたりなので、今回は味噌を使って和風。
細めのパスタを茹で、味噌、味醂、マヨネーズを絡めて味付け。
先にパスタに味付けしてから、小さく切ったレタス、トマト、キュウリ、コーン、ツナ(これもベジタリアン街道まっしぐらの息子にわからないように細かく解しました・・・汗)を混ぜて、マンゴーを添えて出来上がり。
本当はブロッコリーを入れたいところなのに、今日に限って買い置きが切れてるし(涙)


ちなみに、私と夫は日本のマヨネーズが苦手。(だから息子は日本のマヨネーズ未経験)
そんな我が家が使っているのは韓国のマヨネーズ
同じ輸入マヨネーズでありながら、値段も安いししかもとってもマイルド☆
国が違えばマヨネーズの味も違うものです。(^^)


さて、息子の反応は・・・・生野菜が入っているのを見つけた息子は食べっぷりがいつもとは違う。
猫ママ作戦、今日は失敗に終りましたぁ(涙)
[PR]
by neko_mama07 | 2007-11-27 21:39 | 料理(Vegetarian)


動物と自然が大好きな南半球に住む主婦です。保護犬、保護鳥、猫達に囲まれて動物に優しい生活を模索中。超のんびり&気まぐれ更新です。


by 猫ママ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新の記事

人間とペット共用”手作りスプ..
at 2015-06-18 14:36
おばけタイヤ
at 2015-06-16 17:02
ご近所犬「ロビー」
at 2015-06-15 13:48
マイロ チームマスコットに抜..
at 2015-06-09 09:28
今日はワイルド~
at 2015-06-05 11:13

カテゴリ

全体
動物
エコロジー
ヒーリング/不思議体験
料理(Vegetarian)
手作り
ガーデニング
Australia
健康生活
なぜかインド
家族
映画
未分類

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

記事ランキング

その他のジャンル

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧